葬式のマナーとは

葬式では喪服が基本となるのですが、通夜の際にはブラックスーツやダークスーツでも構いません。ネクタイや靴下は黒を選ぶことが大切であり、結婚指輪以外のアクセサリーは外すようにしましょう。女性の場合も喪服が基本となりますが、通夜の際は黒や地味な色のワンピースやスーツでも構いません。しかし、黒であっても光沢のあるものは着用できませんし、派手なアクセサリーや時計も外しておきましょう。通夜は親しい人たちが取り急ぎ駆けつけるといった意味合いのある儀式であり、地味な平服で参列することが一般的です。しかし、最近では葬式に出席しないで通夜にのみ出席する人も多いですし、その際には喪服を着ていっても良いでしょう。女性が身に着けるアクセサリーは涙を連想する白のパールが基本であり、あまり派手なものは避ける必要があります。一連のネックレスを選ぶのが良く、二連のネックレスは不幸が重なることを意味するので厳禁です。パンプスは正式礼装を同じで黒系のものにするのが良いですし、ストッキングやタイツを着用する場合も黒色に統一しましょう。