企業における社葬の意味

企業の要職についている人が亡くなった際に、社葬を執り行うケースがあります。社長や重役などの場合には、個人の死のみならずその影響は会社にまで及びます。企業の発展に尽力した業績を讃えるために、会社が遺族と一体となって追悼する儀式が社葬の意味といえます。一般的にはより大規模で多くの人が訪れますし、会社の担当者が受付や雑用などを担当します。企業の経費で執り行われる点も大きな特徴となっています。
このように、社葬を行うことで、社員全員がより一層結束を固めて仕事に取り組むようになるというメリットもあります。信用できる会社というアピール材料にもなり得ますので、全国各地でもこうした社葬は広く行われているのです。