神道で執り行われるお葬式

仏教で執り行われる、お葬式のときには、極楽浄土に故人を送るという目的で行われて、仏様のもとで故人は安らかに過ごすものとされています。
その一方で神道式のお葬式にあたる神葬祭では、極楽浄土に故人を送る目的で行われるのではなく、家に居てもらって守護神になってもらう目的で執り行われる儀式であるとされています。
この神道の考え方からも分かるように、元々先祖を崇拝するというのは神道からきた考え方です。
そして、仏式のお葬式は、寺院で執り行われますが、神葬祭はほとんど神社で執り行われることはありません。
神道では人が亡くなることは穢れであると考えられていて、穢れを神様の聖域である神社のような場所に持ち込む行為は良くないこととされているためです。