葬儀は小規模にもできる?

葬儀というと大きな会場を借りて、多くの人を呼んでという印象があるかもしれません。実際、ニュースで放映される芸能人のお葬式はとても規模の大きなもので、人の数もかなりのものです。全てのお葬式が芸能人のお葬式規模というわけではありませんが、大変でとてもお金のかかるものという印象があるのではないでしょうか。特に今まで葬儀を一度も経験していない人にとってはテレビなどの印象が強いと思います。
では、自分の家族が亡くなったら芸能人のお葬式のような大きな規模であげることが当然かというとそうではありません。もっと小さな規模でお葬式をあげる人もとても多いです。最近よく耳にする家族葬という葬儀は家族くらいの人数でしめやかに執り行うまさに小規模のお葬式です。会場も広間を借りて大きな祭壇をしつらえるのではなく、小さなお座敷を借りたり、自宅の仏間を利用したりします。こういった小規模なお葬式は近年とても人気があります。
お葬式は必ずしも大規模にしなければならないわけではないです。故人と家族の気持ち、そして家の事情を考慮してちょうどいいお葬式をすることが重要です。