社葬を行う意義

社葬は、企業が施主となって行う葬儀のことです。一般の葬儀と同じく、故人を偲ぶことに変わりはありませんが、社葬においては、より社会的な側面が強くあらわれます。たとえば、企業における創業者が亡くなった際には、今後の行末が誰の目にも気になるものです。そこで株主や取引先に不安を与えてしまっては、業績への影響を免れません。そこで、企業が主体となった葬儀を堂々と執り行うことで、故人の功績を讃えつつも、会社が盤石であることをアピールするのも、重要な目的となるのです。
社葬は内外の人が詰めかける、大規模な催しとなります。それだけに、きちんとしたノウハウを有している業者の存在が欠かせないものとなります。社内で実施を決め、実行委員会を立ち上げ、迅速に告知を行うなど、やるべきことは膨大です。また、企業として行う以上、経費や税制面において抜かりがあってはなりません。だからこそ、信頼のおける葬祭業者と連携することが、社葬を成功させる鍵なのです。